イボが首回りにできた・・原因や取り方は?

■イボがある日突然首回りに出現

 

 

イボは何の前触れもなく、首回りにできることがあります。

 

 

ちなみにイボと一言に言っても、ウイルス性と老人性に大別されます。

 

 

首回りにできるイボは老人性の場合が多く、紫外線の影響やターンオーバーの乱れが原因とされるため、あまり痛みを感じることがないです。

 

 

アクセサリーをつける時や、着替える時になんとなくザラつき、違和感を持つことがあります。

 

 

突然イボが出来たらびっくりしますよね。。

 

 

これからそれぞれのイボの特徴や、取り方を紹介します!!

 

 

■イボの取り方(首回りも含め)の種類

 

 

イボの取り方は、ウイルス性と老人性では大きく異なります。

 

 

まずウイルス性のイボは、ヒトパピローマウイルスが主な原因です。

 

 

ヒトパピローマウイルスは、空気感染はないものの、皮膚に傷があったり免疫力が低下していると感染しやすいです。

 

 

そして一度感染するとイボが形成され、少し掻いてしまったり下手に自分で取ろうとすると、増殖します。。

 

 

この場合の取り方としては、自宅ケアは難しいです。

 

 

ウイルス性のイボの取り方は、医療機関で治療を受けることが望ましいです。

 

 

具体的には、医療用ハサミで切除する方法や、液体窒素で冷凍する方法などがありますが、いずれも痛みがあります。

 

 

痛みのない取り方として、炭酸ガスレーザーという治療法もありますが、保険適用外なので、高額です。

 

 

対する老人性イボは、加齢に伴う角質変化によると考えられます。

 

 

ターンオーバーの周期が長くなることで、古くなった角質が剥がれずに残ってしまいます。

 

 

それがイボとして、首回りやデコルテラインに表れます。

 

 

老人性イボの場合は人に移る心配がありません!

 

 

老人性イボの取り方は、角質へのケアが大切です。

 

角質ケアは自宅でも簡単にできるんですよ!

 

 

首回りのイボの判別が難しい方と思ったら、LINE電話による遠隔診療もオススメです。

 

 

専門医がLINE電話を通じてイボかどうかの判断や、取り方をアドバイスしてくれます。

 

 

無料で行っているクリニックもあるので、迷ったら利用してみるのも一つの手ですね!

 

 

■首回りのイボを自宅ケアで取るには

 

 

首回りのイボ(老人性)を自宅でケアするなら、ジェルタイプが最適です。

 

 

オールインワンジェルになっている商品が多く、首回りやデコルテラインの気になる部分に塗るだけという手軽さもあります。

 

 

中でもオススメなのが、【クリアポロン】という商品。

 

 

クリアポロンには、首回りのイボに効果的な2種類のヨクイニン、あんずエキスが配合されていて、角質に働きかけます。

 

 

それだけじゃなく、美容成分がお肌に潤いを与えるので、乾燥を防いでくれます。

 

 

首回りのイボを手軽に自宅ケアするなら、使い勝手の良いオールインワンジェルが良いですよ♪

 

 

■イボが首回りに再発しないように予防することも大切

 

 

イボが取れた後も、再発防止のアフターケアは大切です。

 

 

これはウイルス性、老人性のイボに共通して言えることなんです!

 

 

お肌の表面が乾燥していると、外的刺激を受けやすくなります。。

 

 

日頃からお肌が潤っていれば、バリア機能も維持できるので、新たなイボの発生を未然に防げます。

 

 

イボは正しい取り方とその後のケアも大切ですね!

 

 

保湿ジェルとしても使えるクリアポロン。

 

気になった方はここから見れますよ!

 

http://www.clearporon.jp/